18年のGDP成長率予測4.6%に上方修正=タイ商議所大

2018年9月14日 10:39

 タイ商工会議所大学の経済ビジネス予測センターは13日、18年の国内総生産(GDP)成長率を前年比4.6%と予測し、これまでの同4.4%から上方修正したと明らかにした。景気が回復の兆しを見せている上、農産物価格の上昇により農家の所得が向上していることが理由。また、輸出と観光産業の好調により、民間消費・投資が拡大していることも成長率を押し上げる要因になるとの見方を示した。一方で、貿易戦争の激化や為替相場の変動、原油価格の動向を注視すべきと指摘した。
 同センターは同日、19年の成長率が4.5~4.8%、20年が5.0%に加速するとの予測も示した。13日付けタイ字紙プーチャッカーン電子版などが報じた。

内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

検索


日付:日〜



購読者様専用フォーム

ログインステータス

ログインしていません。

ジャンル