大引け概況:大幅続伸

2018年5月14日 19:22

 週明け14日のホーチミン市場は、大型株を中心に買いが膨らむ展開。主要指標のVN指数は前営業日比2.12%高の1066.98ポイント、VN30指数は2.00%高の1051.45ポイントと大幅続伸した。◎グエン・スアン・フック首相の作業グループが財務省と計画投資省に対し、ベトナム企業への外国人投資制限の撤廃を進めるよう要請したこと(法律上での投資制限は一部を除き、2015年に廃止されたが、実際にこれを撤廃するかどうかは各企業が独自に決めることができる)、◎米国の利上げ加速に対する警戒感が薄らぐなか、ベトナム市場からの資金流出懸念が後退していること――などが追い風。
 業種別では、食品セクターの上げが目立つ。調味料・即席めん大手のマサングループ(@MSN/HO)、ビール最大手のサベコ(@SAB/HO)、ビール大手のハベコ(@BHN/HO)などが上昇した。
 ゴム各社も高い。フックホアゴム(@PHR/HO)、ザ・サザン・ラバー・インダストリー(@CSM/HO)などが買われた。
 ハノイ市場は続伸。主要指標のHNX指数は、0.42%高の123.28ポイントで終了した。

内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

検索


日付:日〜



購読者様専用フォーム

ログインステータス

ログインしていません。

ジャンル