大引け概況:続落

2018年4月16日 18:26

 週明け16日のホーチミン市場は、軟調地合いを継いで売られる展開。主要指標のVN指数は前営業日比0.75%安の1148.49ポイント、VN30指数は0.54%安の1128.03ポイントと続落した。世界銀行がベトナムの18年・国内総生産(GDP)について、伸び率が6.5%にとどまり、17年実績の6.81%を下回ると予想したことも引き続きネガティブ材料視されている。
 業種別では、IT・通信セクターの下げが目立つ。ペトロベトナム総合サービス(@PET/HO)、FPT(@FPT/HO)などが下落した。
 鉄鋼セクターも安い。ホアセングループ(@HSG/HO)、ティエンレン鉄鋼グループ(@TLH/HO)、ホアファットグループ(@HPG/HO)などが下落した。
 ハノイ市場も続落。主要指標のHNX指数は、0.02%安の133.31ポイントで終了した。

内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

検索


日付:日〜



購読者様専用フォーム

ログインステータス

ログインしていません。

ジャンル