大引概況:続落

2017年10月11日 19:39

 11日のマレーシア市場は、軟調地合いを継いで売られる展開。大型30銘柄で構成されるKLCI指数は前日比0.22%安の1757.21ポイントと続落、中小型を含む100銘柄で構成されるEMAS指数は0.07%安の12578.51ポイントと3日続落した。「8月・鉱工業生産指数(IPP)の上昇率が7月の水準から減速する」と予想されていることも逆風。
 業種別では、IT・通信セクターの下げが目立つ。スターリング・プログレス(STL)、デジ・ドット・コム(DIGI)、テレコム・マレーシア(T)などが値を下げた。
 娯楽・メディア関連セクターも安い。ゲンティン・マレーシア(GENM)、ゲンティン(GENT)、アストロ・マレーシア・ホールディングス(ASTRO)などが売られた。

内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

検索


日付:日〜



購読者様専用フォーム

ログインステータス

ログインしていません。

ジャンル