大引け概況:続伸

2017年10月10日 09:45

 週明け9日のホーチミン市場は、好調地合いを継いで買われる展開。主要指標のVN指数は前営業日比0.14%高の808.96ポイントと続伸、VN30指数は0.13%高の801.49ポイントと4日続伸した。VN指数は9年8カ月ぶりの高値を再び更新している。上場企業の第3四半期業績に対する期待感が高まっていることも追い風。
 業種別では、金融セクターの上げが目立つ。銀行大手のサコムバンク(@STB/HO)、証券ブローカー大手のホーチミン市証券(@HCM/HO)、損保大手のバオミン保険(@BMI/HO) などが値を上げた。
 食品セクターも高い。ビール大手のハベコ(@BHN/HO)、製糖大手のタインタインコン・タイニン(@SBT/HO)、調味料・即席めん大手のマサングループ(@MSN/HO)などが買われた。
 ハノイ市場も続伸。主要指標のHNX指数は、 0.71%高の108.75ポイントで終了した。

内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

検索


日付:日〜



購読者様専用フォーム

ログインステータス

ログインしていません。

ジャンル