中銀が3年ぶりの利下げを実施

2017年7月10日 18:59

 中央銀行は7日、各種の主要政策金利を0.25%ずつ引き下げると発表した(10日付で施行)。3年ぶりの利下げとなる格好。リファイナンスレート(再割引金利)は6.50→6.25%、ディスカウントレート(公定歩合)は4.50→4.25%にそれぞれ調整された。今回の突然の利下げについて、市場では「経済成長に寄与することが期待できる一方、不良債権問題の悪化を招くことも懸念される」との見方が浮上している。

内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

検索


日付:日〜



購読者様専用フォーム

ログインステータス

ログインしていません。

ジャンル